不用品回収と国際貢献

フロントページ不用品は捨てる者にとって価値を有しないからこそ廃棄されるのであり、回収業者もそのようなものを私物にしたいとは思いません。要は横流しで稼いでいるに過ぎないのです。しかし日本のような先進国ではゴミとして処分されるようなものでも、国が変われば取り扱い方が異なります。特に途上国では、日本から輸入される廃品に魅力を感じる人が大勢います。例えばフィリピンはまだまだ豊かな国とは言えません。自然災害による甚大な被害に見舞われたりすると、経済的弱者は生きることすら難しくなります。実際台風が到来しただけで数千人が命を落とします。生存者も生活必需品を手に入れることができず、ゴミの集積所を漁ることを余儀なくされます。日本では新品を購入し、汚れ、傷が増えると躊躇せず捨ててしまう人も少なくありません。しかしフィリピンでは汚れや傷が生じるたびに捨ててしまえば生きることができません。彼らにとって、日本から到来する家電や生活必需品はまだまだ使える宝の山なのです。少し修理すれば使えるような高性能家電は特に喜ばれます。
途上国で喜ばれる廃品と言えば、食器、家具、ぬいぐるみ等です。輸出業者はそうした情報を収集し、需要の高い廃品を選んで輸出しています。最近では取引にNPO法人が介在し、売上の一部が途上国に寄付される仕組みも見られます。途上国の子どもの生活は悲惨を極めます。フィリピンのゴミの山は、煙が自然発生するためにスモーキーマウンテンと呼ばれることもありますが、そのそばで命を繋いでいる子どもたちは、毎日を生きるのに精一杯の有様です。彼らにワクチン、ビタミン、教育を与えることを仕事とするNPO法人は、現在世界中で活躍しています。