3R

3Rとは、reduce, reuse, recycleの頭文字を指す略称で、行き過ぎた経済活動で環境が破壊されることを危惧した国際組織、国、NGO、産業界、企業、個人等が、政治運動、社会運動として推し進めてきた標語です。日本でも2000年前後にこの運動が盛んになり、循環型社会形成推進基本法が制定されました。この法に則って2001年には資源有効利用促進法が施行され、各自治体、企業はその基本的方針に従い、様々な取り組みが見られるようになりました。
「reduce」は廃品をなるべく出さないようにする運動です。企業努力としては、製品の使用可能年数を延ばしたり、梱包材をリサイクル可能な素材に変えたりすることが考えられます。「reuse」は廃品を再度利用することを推奨する運動です。廃品も他人にとってはまだまだ使えるものだったり、場合によっては貴重なものだったりします。フリーマーケットで循環させたり、メーカーが修理、洗浄して市場に流したりすることでreuseは実現できます。「recycle」は少しややこしい概念ですが、廃品を分別することで、一部を新製品の原料として使用することができます。ペットボトル、布、食用油等はリサイクルできるものとして有名です。
3Rの実現のためには、社会全体の協力が欠かせません。それぞれの領域でエコ活動という同じ目標に向かって、ガバナンスを働かせる必要があります。メーカーの中にはエコ活動を専門とする部署を創設するところもありますし、リサイクルに関する社会調査を積極的に行っている会社もあります。