不用品をまとめるのに使える結び方(3)もやい結び

不用品回収に出すための不用品をまとめるときに使えそうな結び方その3は、もやい結びとなります。

もやい結びは歴史の古いロープワークです。自在結びとしても知られ、人命救助には欠かせません。デメリットは簡単に解けてしまう点ですが、微調整も可能ですし、頻繁に荷物を積んだりおろしたりする業者にとっては、仮結びとして用いやすい結び方です。
「もやい」の由来は「もやう」、すなわち「船を岸に結び付ける」であり、長い歴史があります。慣れれば容易に結べるため、覚えておいて損はないでしょう。先ず荷台のフック等を使って交差させて輪を作ります。輪の下からロープを通した後、逆方向に通します。折り返せばさらに上から輪に通すことができます。最後に両サイドを結び付ければ完成です。

ということで3回に分けていろいろな結び方を紹介してきましたが、皆さんマスターできそうですか?

マスターできれば不用品回収以外にも、いろんなシーン、思わぬところで役立つかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です