不用品をまとめるのに使える結び方(2)輸送結び

不用品回収に物を出すときに使える結び方その2です。

輸送結びは実用的なロープワークの一つです。滑車の原理で廃品を荷台に固定することができます。多くの荷物を纏めて固定するのに適していることから、運送業者の多くが採用しています。但しデメリットも存在し、滑車の原理を用いることから、想定以上に強く縛ってしまい、荷物を傷めてしまうこともあります。ですから念のために荷物に養生を施してから結ぶようにしましょう。また引くだけで簡単に締まり、解ける時もあっけないので、慣れるまでは複数人で実践し、覚えるようにしましょう。

輸送結びは荷物の上にロープを掛けることから始めます。いわゆる「ダブルエイトフィギュアノット」で固定できれば、逆サイドで二つ折りにして、その先を上部で交差させます。絡めて2つの輪を形成し、引っ張った後は伸びているロープを下の輪に通します。その輪をフックに掛ければ、後は先端を引くだけで荷物を締めることができます。引っ張ったロープはフックに掛けましょう。荷物に掛かったロープと結び合わせれば完成します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です