フリーマーケット

フリーマーケットという言葉が外来語であることからも分かるように、不用品の売買市場の発祥地は欧米とされています。日本も欧米に倣って、全国各地で開催されるようになりました。「フリーマーケット」はパリの「蚤の市」に由来する言葉で、様々な参加者が集い、不用品を売っています。中には古物商もいますから、珍しいものが売られていることもあります。フリーマーケットの基本的なパターンは、自宅に眠る不用品、中古品を売る人と、それを安値で購入したい人とが集い、売買契約するものです。不用品回収、リサイクル業の一形態と見ることもできるでしょう。実際大々的にフリーマーケットが催される時は、主催者が古物商であることを条件として許可する自治体もあります。
昔はフリーマーケットといえば近くの集会所、グラウンド等で行われていましたが、最近はオンライン上で取引されています。自宅の不用品をネットで簡単に売却できるわけですから、仲介サイトは人気を博しています。例えば子どもの服などは着用期間が短いため、購入後すぐに売りに出されますし、また買い求める人も多いと言われます。北海道の住人と沖縄の住人とが売買契約できるとあって、従来のフリーマーケットとはスケールの違うものになっています。検索システムもフリーマーケットの性質を大きく変容させ、自分の好みに合ったものを簡単に探し出すことができます。
フリーマーケットの親戚とも言うべきものに骨董市があります。縁日等の会場で見かけたことのある人もいるでしょう。商品を運び入れているのは骨董商ばかりなので、高価なアンティークが揃います。いわゆる掘り出し物が出品されていることもあり、アンティークのファンが好んで参加します。
________________