ネットオークション

不用品の売買はネット上でも様々な形で行われており、インターネットオークションもその一つです。ネットオークションの法的な位置づけは「電子商取引」で、90年代を皮切りに急速に発展しました。旧来のオークションとは異なり、出品と入札が簡単で、出品される商品も庶民的なものが多いため、依然人気を博しています。オークションは元々、資本家同士が高価な絵画、アンティーク等を売買するものでしたが、庶民も気軽に参加できるようになり、オークションの概念が一変したのです。
ネットオークションのサイトは一般に、商品の写真、簡単な説明、下限額、オークション終了日時が掲載されており、入札希望者はクリックするだけで参加できます。終了日時までに最高額の入札を行ったユーザーが、その商品の購入権を得ることができます。
インターネットオークションは世界中で行われています。しかし個人ユーザー同士の取引が大半であるため、「届いた商品が説明通りではなかった」「梱包が雑だった」「契約後入金されない」等々のトラブルも頻発しています。そうしたトラブルを警戒するインターネットユーザーも多く、全ユーザーの利用歴を分析すると、オークションよりもショッピングに時間とお金をかける傾向に変わりはありません。ネットオークションでは前述したような「よくあるトラブル」だけでなく、詐欺行為にも遭遇します。例えばサイトによっては出品者の本人確認が疎かになっており、その隙をついて、悪徳な出品者が架空の商品に入札させることもあります。いわゆる海賊版のDVD、偽ブランド品、盗品等はよく見かけますし、酷いケースでは麻薬や銃刀が売られていたりします。また最近では過度な転売が社会問題となっており、対策が急がれます。